上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!
沖縄の与那国島での日々を紹介します!
島の幼稚園や小学校を訪問して、
旅の話を写真を見せながらしてきました!

与那国幼稚園!




島育ちの子供たちは、やっぱり北海道の雪に歓声があがりました笑
みっちーゆっきーと出会ったこの写真とかとても受けがよかったです


次は
全校生徒七人の比川小学校で!

この小学校の子供たちは、僕がお世話になっていたヨナグニウマふれあい広場に近いこともあり、毎週ヨナグニウマに乗っているそうで、
馬のことをよく知っていて、質問もとても面白かったです!

それからもちろん、話だけでなく、実際にふれあってもらいました!






この島の馬の進めの合図は、「はい!」だそうで、
ゆっきーにまたがって
はい!はい!と叫ぶ子供たちがとても可愛かったです笑
ゆっきーはその言葉知らないんだ…
止まれの合図は、「だぁ」らしいです!
(よく映画とかでは、「どう、どう」と言っていますが、僕らは「ほう」を使ってます)


それから!
なんという奇跡か、僕がいる間にヨナグニウマの赤ちゃんが生まれました!




初めて見る世界に興味津々のこの子、
嬉しそうにはしゃぎまわっていました
見てるこっちも嬉しくなります!
新たな命の誕生は、本当に心をあっためてくれますね

あと、ヨナグニウマ達と島の探検に出かけました!

天気が悪くても、海きれいなんです

最西端、ということは日本で最後に日が沈むんです
日本最後の夕日が見える丘


僕もヨナグニウマに乗せてもらいました

小さくて、大人を乗せて走っても大丈夫なのかと心配でしたが、
乗ってみるとなんて頼もしいか!
走りたくて仕方ないくらいでした!

与那国馬についてはまた記事にしますね!
というかまだ在来馬レポートがたくさん残ってますね…
落ち着いたら書いていきますので、たまにはブログのぞいてみて下さい!!

与那国島は、一周25kmほどの島
車で走っていても、そこらじゅうで馬が草を食べてます
公道を走っていると普通に牧場の中を突っ切る感じになります
小学生たちが毎週馬に乗っているように、ほんとに身近に馬がいます
僕が憧れていた、人と馬が近くにいる社会、それが与那国島にありました。
日本中がこうなればいいのになぁと思うほど、僕にとっては楽園でした!

スポンサーサイト
2015.03.13 Fri l 日本縦断 @沖縄 l コメント (5) トラックバック (0) l top
お知らせするのが遅くなってしまい、
本当に!すみません!!

皆さんのご支援のおかげで、
無事に、目的地の日本最西端、ヨナグニウマのいる与那国島に到着しました!!

まだまだ忙しい日々を過ごしており、
より詳しい思いはまた時間を見つけて更新しますが

本当に、皆さんありがとうございました!!
自分としては、この日本縦断の旅、何か凄いことやり遂げたとか、そんな達成感があまりありませんでした
本当に自分の力で来れたわけでなく、ひたすら人々に支えられてここまで来たこと
それから、その支えてくださった方々のためにもなんとか目的地まで辿り着かないとと思ってここまで来て
最後までやり遂げることがまず恩返しになると思ってきた部分があって
このゴールを迎えて、達成感とかでなく、その責任を果たしたという安堵感の方が大きいです

この与那国島でみんなにすごいねすごいねと言われますが、
僕はみんなに支えられながら、二頭を支えたという感じで、
僕は何にもすごくなく
みっちーとゆっきーが本当にすごいんですスーパーホースなんです

ひたすらみっちーとゆっきー、支えてくれた皆さんへ感謝するばかりです

本当にありがとうございました!

みっちー、ゆっきー、本当に本当にありがとう…!

まだまだたくさん書きたい気持ちがあるので、また更新します!!

到着してから、たくさんの新聞やWebニュースなどで紹介していただいてますが、
出発時から、なんどもお世話になっている札幌テレビさんに
3/8 日曜日の10:00~マハトマパンチという番組の中で、また取り上げていただけますので、ぜひ北海道の方はご覧ください!
2015.03.06 Fri l 日本縦断 @沖縄 l コメント (44) トラックバック (0) l top
皆さん、無事に、
石垣島へ到着しました!!

鹿児島から那覇まではフェリー
那覇から石垣までは貨物船で来ました
どちらもコンテナ輸送です

コンテナ輸送…
僕自身、コンテナに馬を載せるなんてことは初めてで、とても心配でした
まず、コンテナと聞いて思い浮かぶのは
こういう後ろに並んでるやつ

ほんとにこんなんに馬入れて平気なの??と思っていました

でも実は動物用のコンテナがあるのです

しっかり窓があって通気性もいいです
そして何より、繋がなくていい!
馬運車などトラックに載せて今までフェリーにのってきましたが、トラックに入れている間は繋ぎっ放しです
このコンテナの場合、下におがくずや藁をひいて、水や草を入れて、まるで馬房のようにできます
なのでこのコンテナ輸送の方が馬にとっても快適でストレスが少ないようです
実際、みっちーとゆっきーもとても落ちついていました

コンテナに入ったら、船へ乗り込みます

おっちゃん達に
「一緒に北海道から旅してきた大事な大事な馬なんです!極限まで優しく丁重にお願いします!」と頼んだら
おっしゃ任せとけ!と積み込むときも馬たちは運ばれていることに気付かないくらいのスムーズさで、そのテクニックを見せつけてくれました

25時間の航海を終え、那覇へ

心配で心配でたまりませんでした
二頭のコンテナが出てくると走って追いかけました
しかしさすが我が相棒たち
何食わぬ顔で立っていました

それから次の船は少し離れた港で
馬たちのリフレッシュもかねて少し歩きます

ほんとに元気で、むしろびっくりしました

しかしさすが沖縄は暑いです
天気も良くないのに
余裕で半袖です
こんなに鹿児島と違うのか

この輸送で気にしていたこと、それはこの気候の変化でした
ただでさえ暑いのが苦手な馬という生き物
しかも北海道生まれ北海道育ちの生粋の道産子で
しっかり冬毛でもこもこの二頭
沖縄に来たらバリカンで毛を剃らないといけないのではないかとも考えていました
しかしとりあえず那覇は大丈夫そう
昼間でも軽く汗をかく程度でした

天気も良くなく、せっかく沖縄に来たんですが、あまりいい写真が撮れません

でも海きれいです

大きな橋を渡ります


と思いきや、
歩道が突然なくなります!!
この階段

ここでも二頭のスーパーホースぶりが発揮されました

それからさらに20時間の航海を経て
石垣島へ!

こっちは大きなコンテナで二頭一緒です
那覇に着くまでのコンテナもお願いして隣同士で顔の見えるようにしてもらってましたが、やっぱり同じ所にいる方が安心


この船も心配でしたが
難なく到着しました!
ただ、那覇と石垣でも、さらに石垣は暑いです
二頭ともかなり汗をかいていたので
やっぱり暑いのと怖かったのがあったのだと思います

それから歩いて、石垣島にある乗馬施設、波ん馬さんへ!
さすが沖縄
家の入り口にシーサーがいます

時間はたっぷりあるので、子供たちや声をかけてくれた人とはゆっくり触れ合います

そして歩く事約一時間、無事に波ん馬さんに到着しました!
ブタのポルコ君が入ってきます…笑


明日宮古馬にあってきて、
3日まで石垣にいます!!
2015.03.01 Sun l 日本縦断 @沖縄 l コメント (36) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。