上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!

ついに、北海道を離れるときがきました!

函館山をバックに青函フェリーの港で記念撮影!

乗り合わせではなく、これから岩手に牛を取りに行くということで、この車を独り占め、いや二頭占め



道産子たちにとっては初めての船、初めての本州。

すごく大人しかったのですが、ついてみると結構汗をかいていて、やっぱり初めての船でとても怖い思いをしていたのだと思います。
馬は警戒心の強い動物で、そこは道産子も変わりません。
環境の変化や、未経験のことに対して強くストレスを感じてしまいます。
みっちーとゆっきーもいくら旅に慣れてきて、見知らぬ土地を歩くことに抵抗がなくなってきたといっても、常に揺れるフェリーなんて不安で仕方なかったでしょう。
到着して降ろしてあげるとき、フンフン言いながら擦り寄ってくる二頭がとても可愛くて、でも申し訳ない気持ちになりました。
北海道での旅を通して、僕に頼ってくるようになった二頭。
できる限りそばにいてあげようと思います。

夜だったので、青森港から歩くのは厳しく、そのまま近くにある青森乗馬倶楽部さんまで車で運んでもらいました!

さぁ明日から日本縦断の旅、東北編、スタートです!
スポンサーサイト
2014.09.16 Tue l 日本縦断 @北海道 l コメント (8) トラックバック (0) l top
こんにちは!!

丸二日間、函館どさんこファームさんでつかの間の休息をしております!

さすがどさんこファーム、
どさんこがたくさんいます!

どれがゆっきーかわかるでしょうか?笑

ゆっきーと同じ河原毛という毛色のどさんこの女の子!
前髪がゆっきーよりワイルドです

さらにはミニチュアみっちーも!

栗毛好きは悶絶必至のめんこいポニーちゃん

クウォーターとどさんことポニーの親子

母 子 父 子 母という図ったかのようなフォーメーション!

クウォーターホースは、先日の駒ケ岳の牧場でも登場しましたね
最近、乗馬人口も増えてきて、サラブレッドより一回り小さく、性格も大人しいので、
初心者用として需要が増えてきているようです
クウォーターと言いますが、決してハーフ、クウォーター、というような血統的な意味の1/4ではないです。
正しくはアメリカンクウォーターホースで、アメリカの開拓のときに改良を重ね誕生し、名前の由来は、クウォーターマイルレース(約400m走)で使われていたことからです。
つまりかなりの瞬発力があって、400m程度ならサラブレッド並のスピードが出るとか!
今、世界で最も頭数の多い馬です。

さて、函館には北大の水産学部のキャンパスがあり、馬術部時代の友人もいます。
最後の休息日、これからその友人たちに歓迎会を開いてもらってきます!!

明日はついに本州上陸!
2014.09.14 Sun l 日本縦断 @北海道 l コメント (8) トラックバック (0) l top
昨日、ブログ更新したと思ったら、できていなかったようです!
ごめんなさい!

MORI→HAKODATE
today 40km (total 336km)

こんばんは!

ついに、ついに、北海道の最南、函館に到着しました!!

計画当初から色々と相談にのっていただいていた、池田さんの函館どさんこファームというところに宿泊させてもらっています!
苫小牧港から本州に渡るのもありかと思っていたのですが、この池田さんに会うために函館まで来たと言っても過言ではありません!

沖縄まで行くんだから慣れておけと泡盛をいただいて、酔っ払って、
上手くブログかけてなかったようです…
しかし、これにて、北海道縦断!祝杯です!

道中は、駒ケ岳を眺めながら、

一日で40km行かなければならないので、朝七時半からの出発でした。
そして最後の難所、
大沼のトンネルです。
またトンネル前で乗用車を止めてお願いしようと思っていたのですが、
なんと近くのシャロレー牧場の方が応援に来てくれました!!
荷物を運んでもらい、後ろを追走してもらいました

やっぱり馬関係の方が付いていてくれると、とても心強いです。

森のトンネルよりずっと新しく、
対向車線は別トンネル、片側も二車線、歩道付き、照明も明るいという素晴らしいトンネルでした。
トンネルの向こう側が見えないほど長いのは初めてでしたが、大きな問題なく、通過できました!

この北海道縦断の旅を経て、二頭ともかなりの経験を積み、本当に立派になりました。
今後も油断したりせず、旅していきますが、頼もしいかぎりです。

稚内から函館まで約700km、まだまだ序の口ですが、すでに達成感を感じています。
次は青森に渡るわけですが、
どうやって海渡るの?は旅をしているとよくされる質問トップ5に入りますね
フェリーで渡りますよ!
いくら軽車両扱いといっても、生き物は生き物なのでそのまま乗せることはできません。
家畜車に乗せて、車ごとフェリーです。
普通に行くと、フェリー代プラス家畜車代がかかり、相当な費用がかかります。
なので、やはり、牛や馬を運んでいる家畜車で、二頭を乗せるスペースのあまっているものを探して、乗り合わせということで、格安で運んでもらおうという算段です。
長万部について、函館に到着するおおよその日程がわかってきたので、そういった家畜車がないか、ひたすら探してきたのですが、
ぎゅうぎゅうまで詰め込んで運ぶ車がほとんどで、全く見つかりませんでした…
が、やっと見つかりました!
旭川から宗谷岬までも運んでいただいた、昭和運輸さんです!
ということで、月曜日の夕方の便で渡れることとなりました!!
ほんとに一週間近く函館滞在になるかと思っていたので、とても助かりました。

なにはともあれ、
北海道縦断達成!!
馬も自分も、東北編までしっかり休んでおきます!

では!
2014.09.13 Sat l 日本縦断 @北海道 l コメント (7) トラックバック (0) l top
OTOSHIBE→MORI
today 25km (total 296km)

こんばんは!

今朝、突然の訪問にも関わらず、とても良くしてくださった板垣牧場さんを
牛たちにも見送られながら出発し、

海の向こうに室蘭の山々とこれから向かう駒ヶ岳を見ながら、海沿いをひたすら歩きました。

あそこを歩いてきたんだなぁと思うととても感慨深いです。

今朝から大雨のニュース凄かったですね…
札幌のみんな大丈夫だったのでしょうか
こちらはほんとに嘘のように快晴でした。
俺ってこんな晴れ男だったっけ…?
雲が僕を避けていきます!笑

そして、難所にきました。
またしても、トンネル。
森という町にあるトンネル。
長万部からずっと地元の人たちに避ける道がないか聞いてきました。
農道でよけられるかもって情報もありました。
しかし確かな情報は、古くて路肩のほとんどない、トラックの行き交うトンネルだということだけ。
もうトンネル付近に住んでいる人に聞くしかない、なければ突入する。
そう思って森町までやってきました。
結果、
農道はあるものの、トンネルの向こうにはつながっていない、ということ。
仕方ない、トンネル突入作戦実行です。

いつか危険なトンネルを通ることがあるだろうと、ずっと想定してきました。
なので作戦はしっかりたてています。
その一、先頭はゆっきー
ゆっきーの怖いものなさ加減は半端ないです。道北での数々の難所も、ゆっきーの先導により突破してきました。
その二、反射板装着
暗いトンネルではやはり必要ですよね。僕も安全チョッキを着て、馬にも反射タスキをかけて行きます。
その三、乗用車に追走してもらう
いつ暴れるかもわからないので、歩いている真横をビュンビュン抜いていかれるのはとても危険です。後ろをノロノロ車についてもらうことで、ビュンビュン抜かれることを避けます。
その四、荷物を運んでもらう
荷物を両脇につけていると幅もとるし、何より荷物をなくすことで速く進めてすぐにトンネルを抜けられます。
ということで作戦実行!
トンネルの前で乗用車を止めて、追走してください、とお願いしました。
近所のおっちゃんにトラックで荷物もトンネルの向こうまで運んでもらいました。
今日は前がみっちーでしたが、このときだけゆっきーの後ろにしました。
暴れたときも抑えられるように、綱はハミにもかけました。
反射セットもフル装備しました。
さぁ、できるだけ車通りが途切れた瞬間に、いざ突入!
対向車線の車の音で慌てたりしますが、落ち着かせながら進みます。
大型トラックが爆音で来て、走りだしかけましたがなんとか2頭をおさえます。
追走車ごと抜かしにかかる乗用車もうまくやり過ごし、
なんとかかんとか、トンネルを突破!!
汗だくです。
2頭は、、暴れていたくせにケロっとしています。。
追走してくれた老夫婦に深々とお辞儀し、
ひとまず休憩。
疲れましたが、気持ちのいい汗でした。

今後もトンネルはできる限り避けますが、
どうしようもないときはこんな感じで突破することになりそうです。
明日も大沼にトンネルがありますが、対向車線は別トンネルで、片側も二車線ある広い新しいトンネルなので、今日のトンネルほど危険ではなさそうです。

そんなこんなで三時半に駒ケ岳にある牧場に到着しました!
問い合わせとかたくさんこられたら困るから名前は出すなと言われています笑
でも乗用馬の生産、調教をしている牧場で、
すごくいいところです。


美唄の橋下牧場に滞在して以来、アパルーサがすごく気になるのですが、
こちらでは種馬までいて、今年産まれた子馬もアパルーサでした!
あとクウォーターホースなど、サラブレッドはいないです。
お家の中も靴を履いて入るような、ほんと日本とは思えないところです。
外人もいるし。
全部写真アップしてみてもらいたいですが、さすがにやめときます。

明日、いっきにもう函館まで行きます!!
長万部からめちゃくちゃサクサク進んでビックリしてます笑
2014.09.11 Thu l 日本縦断 @北海道 l コメント (10) トラックバック (0) l top
YAKUMO(YAMAZAKI→OTOSHIBE)
today 29km (total 271km)

こんばんは!

八雲って広いんですね!抜けられませんでした!

しかしいいところですね!

途中で湧き水で休憩したり、

水平線が綺麗に続いていて
山越から野田生まで国道ではなく山道を歩いたんですが
山の上からだとこんな景色でした!!



みっちーとゆっきーがほんと仲良しです。
天気予報では大雨だったのですが…
覚悟していたので拍子抜けしました

さすがに今晩はひどい雨だと思うので、野宿する場所はしっかり選ばねば、と
3時頃からずっと目を光らせて歩いていたのですが
なかなかベストな場所が見つかりません。
気付けばもう5時。
落部というところに入り、ひたすら地元の人に野宿にいい場所がないか尋ねてみたものの
これからの大雨をしのげるような素晴らしい場所はありません。
しかもこの辺りは最近クマがでたとのこと…ブルブル…
もうずぶ濡れは覚悟し、とにかくクマから逃れられる所を探し始めたとき、
一人のおばさんから、この上に牧場あるよ、という情報が…!
ということで、突撃訪問!!
こんな突然にも関わらず、快く放牧地を貸していただけました!
それだけでなく、お風呂も食事も寝床も提供していただけて、
大雨とクマから逃れられただけでなく、しっかり休息を取れています。
本当にありがたいことです。

この間通過した白老が大雨ですごいことになっているそうですね…
お世話になった皆さんが無事であればいいんですが。
今年は本当に異常気象みたいなのが多いですよね。
今回はギリギリかわせましたが(まだ明日どうなるかわからないですが)
いつか出くわしそうで怖いです。
九州あたりで記録的大雪、とかすごくありそう。。

とりあえず今日一日を無事に乗り切れて一安心です。
2014.09.10 Wed l 日本縦断 @北海道 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。