上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
はじめまして!

やまかわです!
現在は大学生ですが
4月から一年間を休学して、
ブログのタイトル通り、

馬と共に日本全国を旅します!

馬と日本縦断?そんなことできるんけ!って人が多いと思うので、
ざっと計画について説明します!

まずは馬について!

馬で道歩いていいんかい!

いいんです!
道路交通法第2条第1項第11号に
軽車両とは「自転車、荷車その他人若しくは動物の力により…」とあります。

つまり大雑把に言うと、自転車と同じ!

で、自転車もそうらしいですが、人が降りていれば歩行者扱い、つまり歩道もOKということのようです!

それでも各市町村の条例でダメだったりすることもあるようなので、
ちゃんと前もって警察の許可はとっておきます。

で、馬は北海道和種馬(どさんこ)を連れて行きます!
どさんこについては後日詳しくお話ししますが、なんと言っても可愛いのです!


本日のみっちゃんと空くん

旅には馬は2頭連れて行く予定です。
(1頭に乗って1頭に荷物)
ただ自分で歩くことも重々覚悟しております。

スケジュールとしては、現在もうスタートしておりますが、まずはトレーニング!(人も…)
そして6月には練習を兼ねて北海道道北地域を一周して、

8月に日本縦断スタート!!!

といった感じです!

日本縦断の距離は多めに見積もって3500km
1日30kmと考えても4ヶ月!
余裕もって半年と思ってます!

つまり8月から来年2月!
こうすれば夏の暑い時期は北海道とか東北で、冬の寒い時期は南の方に行けて
まだ過ごしやすいかなと!

宿泊は基本的にキャンプ場とか野宿ですが、
週一で牧場とか寄って、一週間分の馬のエサなんかを受け取って、また次の牧場目指す、って感じです!

まだまだ足りない所たくさんありますが(計画的にも人間的にも)
絶対日本縦断達成してやるぞ!って熱い気持ちはありますので!
どうか皆さんあたたかく見守ってやってください!!

それでは!

スポンサーサイト
2014.03.02 Sun l 未分類 l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

新聞記事を読みました!
道産子で日本縦断、遠くから応援致します!
かわいい(だけじゃない?)お馬さん二頭とてくてく旅とは、とても心惹かれます。
時々お邪魔させていただきます。まずは相棒君たち共々お体に気を付けてください。
2014.07.12 Sat l 鈴之助. URL l 編集
旅を人生の友として
   馬たちとあなたの健康に十分に留意して、予定通りの旅ができますよう、祈っています。
   旅と言うのは、ただ行けば良いというものではありません。見たり聞いたりします。こころに染みることもなければ、物足りなく感じるでしょう。そのためには、心を静かに旅をしなければなりません。いつも感覚を敏感に保持していなければなりません。芭蕉は「白河の関にかかりて旅心定まりぬ」と書いていますが、芭蕉でさえも「旅心」が定まるまでに、数ヶ月かかっています。旅心が定まることで、人生としての旅を深めるということでしょう。
   どうかご無事で。
2014.07.13 Sun l Shoji Goto. URL l 編集
No title
私も新聞記事を見ました。(朝日新聞)
記事では白いみっちーでしたが,空くんを連れて行くのでしょうか?
そらくんもかわいいですね。
2014.07.15 Tue l . URL l 編集
No title
頑張れえ!山川君。
神奈川県を通るときは、前もって予告してもらえないかなぁ、無理かなぁ。どこかの道で会えればなぁ。
2014.07.18 Fri l 焼酎学生. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.22 Tue l . l 編集
No title
 守るべきは文化遺産や自然遺産ばかりではありません。日本固有の種を守り、後世に伝えていくということも我々日本人の義務であり、責任です。その意味で、これは素晴しい!企画ですね。我々高齢者も、若い学生さんに見習わなければなりません。
 お役に立たないかもしれませんが、私のブログ「相馬野馬追祭り」(http://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=14478 )の後半でこの企画を紹介しました。
お読みいただければ、と存じます。

2014.07.30 Wed l 唯臥独村. URL l 編集
No title
  山川様
  日本には8種の固有種の馬がいるそうですが、青森の十和田は「南部駒」の産地として有名です。この南部駒が何故、日本の固有種に入らないのか不思議です。
 勝手なお願いで恐縮ですが、是非、十和田市に寄っていただき、その辺のことを明らかにしていただきたいと思います。
 新渡戸稲造の兄・十次郎は十和田市の都市計画を作ったそうですが、今も幅36メートルの「駒街道」という道路が残されており、この道は「日本の道百選」に選ばれ、桜の名所にもなっているそうです。
 十和田市には、この地を開拓した新渡戸稲造の父・新渡戸傳の太素塚や市立新渡戸稲造記念館がありますので、一見の価値はあると思います。
2014.08.05 Tue l 唯臥独村. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.26 Tue l . l 編集
今夜は雨が降ってます
心配です。屋根のある所で寝れてますか?
フェイスブックにアップしたら、海外の私の友達も応援しています。私も馬が好きです。どこから船に乗って沖縄に行くのかな?目的地の沖縄に着いたら、その後北海道までどう帰ってくるのかな?とか友達と話してます 笑 何にせよ馬も人も健康じゃなければ成し遂げられない事なので、お体大切に、そして成功をお祈りしています。
欲を言えば、ブログに気仙沼の写真のせて欲しかったなぁと思いました。
2014.10.02 Thu l 気仙沼. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/1-2355c473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。