上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
東北編が終了しました。
東日本大震災の被災地を馬と共に歩いて感じたことを、改めて記事にしておきます。

テレビで、被災された方々の話をどんなに詳細に知っても、どこかリアリティがありませんでした。だから日本縦断の旅としては遠回りでも、歩いてみたい、そう思って訪れました。
そしてその土地を見て、直に話を聞いてみて、津波の恐怖、家族を失った悲しみ、復興の苦労など、自分の想像していた以上にリアルに感じることができました。
それは、馬を連れて歩くこの旅で、毎日たくさんの人にお世話になったからだと思います。家に泊めさせてもらったり、ご飯を食べさせてもらったり、そんな他人でもただの知り合いでもない、自分の恩人とも言える人たちの身に起きていたからこそ、この震災のことを、他人事とは感じなくなったのだと思います。

被災地を馬と旅するなんてことは、今になってみるともうできません。誰かの助けが必ず要ることがわかっているのに、その助けを被災された方々に求めるなんて、なんてことをしていたんだろうと考えてしまいます。
僕がお世話になった人たちは誰一人こんなことは思っていないだろうし、絶対気にすんなと声をかけてくれるでしょうが、ただ「歩いてみたい」という自分中心の理由で訪れたのがとても嫌です。それで歩き始めてから、たくさんの人に触れ合ってもらったり
こんなメッセージをぶら下げて、

元気を与えられたら、とやってきましたが、結局ほんとに些細なことしかできませんでした。
「震災のときに色んな人に助けてもらった。だから、今度は自分が、お前のような頑張ってるやつを助けてやりたいんだ。」
この言葉は本当に心に残っています。自分もこの旅で助けられた分、誰かを助けられたらと思っています。でもやっぱり、被災地ではもう少しできることがあったのではないかという気持ちがあります。
今はこの旅のことでいっぱいいっぱいですが、旅を終えたら、改めて被災地に何か支援したいです。

まだまだ書きたいことがあるので、
また時間を見つけて追記していきます
スポンサーサイト
2014.10.20 Mon l 日本縦断 @東北 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

お疲れ様です
災害の規模が大きすぎて、何をしたらいいのか、と胸が痛いです。

でも、思う人がいたり、訪れる人がいることが大事かと思います。みっちー、
ゆっきーとふれあった子供さんや、お年寄りの笑顔がとても印象に残ってます。

そして、ようこそ関東へ!寒くなりましたが、気を付けて。
紅葉楽しみにしてます(^^♪

2014.10.21 Tue l ゆきママ. URL l 編集
No title
ボク如きが偉そうなことは言えませんが、山川さんはこの「馬と日本縦断」の旅によって、大きく大きく成長されると思います。
2014.10.21 Tue l 焼酎学生. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.21 Tue l . l 編集
がんばろう!! 東北!!
のメッセージと共にやって来た山川くん、みっちー&ゆっきー。
はるばる歩いて来たその姿に、涙がこぼれました。
癒されたし、元気もらいました。
出会えた人達が笑顔になれて、山川くんの思いは、きっと、伝わっているよ。
訪れてくれて、ありがとう。
馬と旅をする。男のロマン!!
東北から、応援してます。
🐴 馬と日本縦断 🐴
がんばろう!!
山川くん、みっちー&ゆっきー

2014.10.21 Tue l jonkurumi. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.21 Tue l . l 編集
ありがとう
[ありがとう❗️あなたが東北を訪れてくれたことが私たちにホッコリとした気持ちにさせ、また笑顔にもさせて戴きました。まだまだ先は長いですがお身体と事故に気を付けて旅(ホントの旅)を続けてください🎃
2014.10.21 Tue l プチロー. URL l 編集
大丈夫!!
そうだよね、そういう気持ちになるよね。

私たち夫婦も隣県にいながらまったく被害にあわなかったから申し訳ないとか何か出来ないかとか…すんごく悩みました。
でもそんな時、岩手の方に
「大丈夫だった皆さんが一生懸命今まで通り仕事をしてください。それが復興の助けになるから」
と言われました。

色んな関わり方があっていいと思います。
2014.10.21 Tue l 南部のおばちゃん. URL l 編集
葛藤は素晴らしい財産
若い頃の葛藤は、人生の財産だと思います。その財産は恐らく皆が等しく持っているはずですが、後半の人生でどう使うかが、価値ある経験か否かの分岐点じゃないでしょうか。

分岐点を過ぎたおじさんは、そう思うのです。
2014.10.21 Tue l 近所のおじさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/107-abc5c354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。