上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!
今日は...起こったこと順番に書いていきます!

午前0時 石狩川の橋の下
馬たちが暴れて何度も起きる
場所を変えてやったりして
ゆきちゃんはテントの近く
みっちーは荷物の近く
で落ち着く。
午前1時 何度もゆきちゃんがテントの前で前がき
午前1時半 ゆきちゃんテントに体当たり
殺されるかと思った
みっちーは何かを探して
荷物をがさごそ
朝起きて見てみると熱発電機が踏まれて凹んでいた
結局ほとんどまとまって寝れず
午前3時半 明るくなってきた頃やっと落ち着いて寝る
午前4時半 雨の音に焦って飛び起き行動開始
電子機器をレスキュー
午前5時 朝食 馬と一緒にリンゴ
みっちーはかじって吐き出すだけ
荷物をまとめて、動きまわるゆきちゃんの上に装備
すでにヘトヘト泣きたくなる
結局2時間かかりなんとか完成
午前7時 出発
止んでいた雨が降り出す
言うことをきかず立ち止まって動かないみっちー
勝手に草を食い出すゆきちゃん
半べそ状態
思いっきり叱ってそれなりに大人しくなる二頭
午前8時
止まりはしないがまっすぐ歩かないみっちー
勝手に草を食い出すゆきちゃん
ふざけんなこいつらあんだけ練習したのにと
再びブチ切れ次は二頭引きで出発
いちいち叱りながら進行
全く進まない
強くなる雨
泣けてきた
絶対こんなもの3日も我慢できない
半年こんな日々とか不可能
今すぐ誰か迎えにきてくれ
ひたすら泣き言をこぼしていた

午前10時 雨がいったん弱まり 二頭も従順タイム突入
まっすぐもくもくと歩いてくれる二頭
あれだけ憎らしかったのに
もう可愛くて仕方なくなってきた
札幌から石狩川の水見にきたおっちゃんと出会う
昔はそこらじゅうに馬がいたもんだがなぁと
1人懐かしんでいた
応援をいただき
従順な二頭と共に川沿いを歩く

午前11時 再び雨
しかし順調に距離をかせぎしのつ湖のほとりで昼休憩

午前11時半 再出発
雨もだんだん上がってきた頃
従順タイム終了
まずはみっちーが疲れたアピール
突然立ち止まっては嫌だもう歩きたくないと言ってくる
でも馬からしたらやりたくもないことに付き合わされてるだけなんだよなと思ったら
強く叱れず、
すごく可哀想なことをしているように思えてきた
数分おきに休憩させていく
そのうちに
みっちーは吹っ切れたのか再び従順モードに
午後1時 雨も完全にあがり、気温も上がってきた
それまでの倍、いや3倍くらいのペースで進む
こんな感じなら沖縄まで楽勝だなと
鼻歌を歌いながら進む
ゆきちゃんも楽しそうに後ろではなく真横を歩いてくる
馬の旅は楽しいな
午後3時 ついにゆきちゃんの嫌嫌タイム
みっちーはちょっとなだめたら進んでくれるのが
ゆきちゃんは頑固でそうはいかず
いちいち反抗が長い
叱りながら休ませながら進んでいく
午後4時半 月形、皆楽公園に到着

荷物をおろしてやって馬がリラックスしてから
さぁ自分もと思ったら
クロックスがない(愕然)
一刻も早く脱ぎたい雨で濡れたトレッキングシューズ
キャンプ場の受け付けの人に近くにサンダル売ってないかと聞いてみるも
なさそうだということ
我慢できず裸足でテントを張ったり夕飯を食べたりしていた
午後6時 救世主登場!
先ほどの受け付けの人とその娘さん!
なんとわざわざビーチサンダルを買ってきてくれた!
これには僕の足も大喜び
旅二日目も、人の優しさに触れ、
この世界もまだまだ捨てたもんじゃないなと思いました笑

完全に一人で行った初めての旅、
水のおっちゃんに朝会ってから、夕方キャンプ場につくまで
誰とも喋りませんでした

この旅の過酷さを思い知らされた一日でした。
スポンサーサイト
2014.06.08 Sun l 札幌→旭川(→宗谷岬) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

テントは離さないと危険ですー!ほどよい距離感を考えて馬になにかあった時にとんでいける距離、
あせ一週間ぐらいは慣れるまで大変ですが人と関わり助けられながら進めばいいんです!
楽しまなきゃ!
2014.06.08 Sun l 林聖美. URL l 編集
No title
若いときの挑戦は
何ものにも代えられない宝になる
がんばれ
2014.06.09 Mon l わしだ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/11-8cf39d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。