上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!

この旅の大きな目的の一つが、
現代日本における馬、というものを見て歩き、考え、発信する
なので、我が北大馬術部を軸に、
大学馬術部というものについても発信させていただきます!

あとどうしても記事にしたい、北凜号という馬について、
やはり特殊な大学馬術部の予備知識がないと皆さまに伝わらないので
ここで説明させていただきます。

多くの大学馬術部がそうですが、
目標は年に一度開催される、全日本学生馬術大会です。
その前に、各地域で予選大会が行われ、
そこで勝ち上がった人馬がこの全日学への切符を手にするわけです。
北大は、北海道と東北を合わせた、北日本学生馬術大会というものが予選にあたります。

そしてそれに向け一年間練習をしているわけですが、
その前にやはり馬術というものについても説明しなければなりませんよね!
馬関係の方以外にもたくさんの方に読んでいただいているので。

ということで山川による馬術講座ー!(パチパチパチ)

Q、馬術とは?
A、簡単にいうと、馬に乗って行うスポーツですね!(簡単に言いすぎ?笑)
大学馬術では競技は大きく三つありますが、
共通して言えるのは、馬に乗って、どれだけ馬から最高のパフォーマンスを引き出せるかってことです

Q、その競技とは?
A、障害馬術と馬場馬術、総合馬術です。
障害馬術はバーがかかった障害物を、決められたコース(これが複雑!)で飛び越え
いかにバーを落とさずに速く回ってこれるかを競います。
なので落とした減点とタイムで勝敗が決まります。

馬場馬術はどれだけ美しい演技をするか、よく、知らない人にはフィギュアスケートみたいなの!と説明しますが、大方そうですね。
審査員による得点で勝敗が決まります。

総合馬術は、これら二つに加え、 耐久審査という野外のひろーいコースを穴や崖や丸太などの障害を乗り越えてタイムを競うもの、とを合計して勝敗を決めます。

Q、何が難しいの?
A、なかなか思うように馬は動いてくれません!
例えば障害馬術では、タイムを競うわけですが、速く走らせてしまうとカーブは大きく距離をロスしてしまうし、高く飛べず、バーが落下します。かといって勢いが足りないと障害の前でビタっと止まってしまいます。
馬場馬術では、正確な運動、つまり止まるところはピタッと止まり、斜めに走るところは綺麗な直線を描いたり、、そう簡単に思い描く運動はできません。

Q、何が面白いの?
A、やはり第一は、馬と共に行うスポーツであることですよね!
これが僕が馬術を始めた理由です。
動物と共にする競技など、他になかなかありません。
自分自身を鍛えればいいわけではなく、馬自身のトレーニングも必要だし、
なにより馬と人の息があわせるのが大事です。
それは日々の練習だけでなく、普段の手入れや接し方からもつながっています。
試合などで結果を出して
自分の成長と、馬の成長と、お互いの絆の深まりを実感したとき
どんなスポーツで得られた喜びよりも大きな喜びを僕は感じました。

以上、馬術講座でした!
質問などあればお答えしますよ!(馬術歴6年の新米ですが)

北大馬術部は、ほとんどが大学から馬術を始める初心者集団です。
一年生の頃はまず馬という生き物を知ることから始めます。
基本的な扱い方とか厩舎掃除の仕方とか、覚えることがたくさんあって、
失敗すると先輩に怒られるし、毎日大変です。
有名ですが、馬術部は朝が早いです。
北大では朝5時集合です。
これに慣れるのにも苦労します。
というか飲み会の多い大学生にはほんとに地獄です。
そして遅刻は厳しく罰せられます。
それから馬を養っていくためには学校からのお金や部費では全然足りません。
土日はだいたい部で決めたバイトをしています。
週6の練習に、当番で昼と夕方の世話と泊まり(男子)、さらに土日バイト
ほぼ自由な時間はありません。
こうやって現実を並べてみると、誰も入部したくないかもしれません
実際たくさんの部員が辞めていきます。
でも、馬を飼う、ということはそれだけ大変であるということ、
そして、命を預かっているということ、はよく身に染みます。
遅刻に対して、普段のミスに対して厳しいのは、それだけ責任を持って馬を扱え、ということです。
馬は、経済動物です。(あー話が脱線していく…笑)
足の骨を折ったり、怪我で満足な運動ができなくなれば、
もう殺されてしまうことがほとんどです。
お金のかかる馬を、何の用途もないのに飼っておくことは、
大学馬術部だけでなくほとんどの牧場や乗馬クラブでできません。
そして速く走ることのみに特化されてきたサラブレッドは本当に簡単なことで大怪我をしてしまいます。
僕が一年生の頃、試合中に転んで足の骨を折った馬が、目の前で安楽死されました。
ほんとに簡単なことで、些細なミスで、大事な馬を死にいたらしめてしまうこと、
かわいいかわいいと馬を愛でるだけではなく、常に責任を持って馬を扱うこと、
馬術部の下級生や、これから馬と関わっていきたいと考えている方、忘れないでいて欲しいです。

話戻します。笑
北大馬術部は現在部員28人、馬は13頭!あと僕の道産子2頭!
馬のほとんどは競走馬を引退したサラブレッドです。
大学馬術部は馬を大事に(というか溺愛?)するので、けっこうもらってくれっていう話がきます
特に北海道なのでそこらへんは恵まれてます!
なので競走馬を引退した馬をもらって、先輩たちが乗馬として成長させてきて、
それを引き継いで、目標の全日学へ!というのが北大の伝統というか誇りというか目指すところです。
他の大学では仕上がった馬をもらってそれで闘う、ということがほとんどです。
(北大でも最近はけっこうそうなんです…)

あと北大馬術部には
タマ(僕が名付け親)というネコとハナコというイヌがいます。

馬術部はやっぱり動物好きが集まるので、他大学でもイヌやネコがいる所が多いですね!

誰でも見学自由なので、ぜひ一度遊びに来てみてください!
いついっても、なんだかんだ一人くらいいます(あれ?授業は?って思いますが笑)

ホームページのリンク、パソコンからなら右にあります→
あとブログhttp://blog.goo.ne.jp/shinakun
も気になったら見てあげてください!

長文読んでくださってありがとうございました!
スポンサーサイト
2014.07.29 Tue l 未分類 l コメント (13) トラックバック (0) l top

コメント

No title
人馬一体という言葉の意味がよく分かりました。
単に、スポーツの一種とは言えませんね。
2014.07.29 Tue l 焼酎学生. URL l 編集
No title
いろんな事 よ~く分かりました。

勉強もガンバってね!  青春を元気いっぱいに
過ごして下さいネ。
2014.07.29 Tue l 野の花. URL l 編集
人馬一体
昨年初めて国体の馬術競技を観戦して感動したものです。やっぱり障害の方がわかりやすくて面白かったかな、素人には。
今後も出場の機会がありそうですか?
2014.07.29 Tue l よしだくみこ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.30 Wed l . l 編集
No title
活動の趣旨に深く賛同します。

「馬は経済動物」ってことですが、人間が作り出した嫌な言葉ですよね?金儲けできない動物は生きていちゃいけないみたいな意味ですか?だとしたら・・・ちょっとがっかりしました。

その言葉は馬との生活を考えるときに、大きなキーワードになりますよね?雑草だけでも大丈夫な在来馬も経済動物と言えるのかとか、考えちゃいます。

その言葉はよく理解してから使いたいなと思うので、意味を教えていただけませんか?どう考えたらいいのかとか経験に基づくアドバイスをいただけたら嬉しいです。

馬との共存を追求してらっしゃる遠野市の「馬人」さんにはもちろん寄られますよね?

リポート本当に楽しみです!道中のご安全とご健康をお祈りしています。くれぐれもくれぐれもお気をつけて~。

2014.07.31 Thu l ラズベリー. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.01 Fri l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.02 Sat l . l 編集
No title
今回の内容はドーンと重いものがあって・・言葉に出来るほど簡単ではないです。
2014.08.03 Sun l 鈴之助. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.04 Mon l . l 編集
応援しています
今日、茨城新聞で見ました。私も自宅でポニーを飼っています。旅の途中でちょっと休みたくなったら、放牧地を提供できるなぁと思ってメールしました。場所は茨城のトレーニングセンターの近くです。
2014.08.06 Wed l てんてん. URL l 編集
No title
こんにちは。
先日そちらにコメントを投稿させていただいたのですが、読んでいただけましたでしょうか?
以前のコメントでも書きましたが、ぜひ何かお手伝いしたいので、もしよろしかったら直接メールいただけないでしょうか?旅の準備でお忙しい中恐縮ですが、一度ご連絡いただけるとありがたいです。

日本獣医生命科学大学5年 今川
traumereiclub@yahoo.co.jp
2014.08.10 Sun l いゆみ. URL l 編集
ミッチーとユッキーに会えた!
北大馬術部に行ってきました(^.^)/
愛らしい2頭に会えて感激でした。
鼻を鳴らしながら、すり寄って山川君に甘える様子は
うらやましい!感じでした。

小柄で少しポテッとして、愛らしい顔の道産子ちゃんは
ほんとにかわいいですね。さわらせてもらったら、とても温かかったです!
見せていただき、ありがとうございました。

朝7時から まだバイトをされてるとのことで、でかける山川君に感心しました。ミッチーたちは、もう行っちゃうのっていう感じでしたね。
もうすぐ、ずっと一緒の旅が始まります。3人?とも、
元気に楽しい旅ができますように、心よりお祈り申し上げますm(__)m



2014.08.12 Tue l ゆきママ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.18 Mon l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/38-e5da13a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。