上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは!

今日は一日小澤さんのお手伝いをしていました!
和牛の生産以外にも稲作もされており、稲刈りが終わり、稲穂を干してそこに鳥よけの網を張りました。
落としたら悲惨だったので、今日は写真全くありません…

昨日と今日と、ゆっくりお酒を交わして色んな話をしました。
やはり震災の話題は避けられません。
ただ、そのときのことを詳しく聞かせてもらえましたが、全ては書いてられないので、
牧場ならではと感じた部分を主に書いていきます。

この小澤牧場さん、牧場自体は高台にあってギリギリ津波を免れ牛たちは全頭無事でした。
しかし、家は完全に津波にのまれました。
住む家はなんとか確保できたものの、もともと家にあったものは全て流失。
着る服さえままならない状況でした。
水道、ガス、電気がない状態がずっと続きます。
もちろん人が生きていくので精一杯の極限状態。
その肩に牛たちの命までのしかかります。
60頭もの牛たちの食べ物、水、それらを確保しなくてはなりません。
水自体は井戸があり、発電機もあったため、牛たちに与えられました。
飼料もしばらく分は残っています。
しかしこの状況がずっと続きます。
発電用のガソリンが底をつきました。
ガソリンスタンドに残っているわけもありません。
水なんて人に必要な分も配給しきれていない状況で、牛60頭分なんてもちろんありません。
そこに、北海道の興部から知り合いの牧場の方がはるばるやってきてくれたそうです。
興部なんて北海道の北の北、相当な距離です。
ガソリンを入れるタンクを探し回ってかき集めて、この陸前高田まで各地でガソリンを貯めながら、運んできてくれたそうです。
そうしてなんとか井戸が使えるようになりました。
飼料もなくなってきた頃、各地の牧場から、支援の乾草が送られてきました。

この小澤さん、受精卵移植で、受精卵を二つ入れ、双子を産ませることで生産性を上げる、という手法にいち早くとりかかったらしく、岩手県内だけでなく、各地から視察にくる人たちも多く、少しでも日本の和牛作りに貢献できればと、日頃からそんな人たち一人一人と丁寧に接してきたそう。
そうしたそれまで培ったつながりで、この震災を乗り切れたようです。
「見返りを求めない行為が、後々の自分を助ける」
この言葉にはすごく重みを感じました。

明日からまた海沿いを歩いていきます!
スポンサーサイト
2014.09.28 Sun l 日本縦断 @東北 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

感動しました
2014.09.28 Sun l おかん. URL l 編集
No title
昨日の事も、今日の事も、心に響いてます。
2014.09.29 Mon l 髭庄農園. URL l 編集
No title
震災のとき、牛などの大型動物に携わっていた方々、
私たちの想像をはるかに超えるご苦労。
人と人との大切なつながり。
お伝え下さってありがとうございました。
2014.09.29 Mon l 心配性のオバサン. URL l 編集
No title
「見返りを求めない行為が、後々の自分を助ける」
けだし名言ですね。
人助けはボクも進んで喜んでしているつもりですが…
2014.09.29 Mon l 焼酎学生. URL l 編集
こんにちは(*'▽')
盛岡でお会いした者です。
陸前高田まで行かれたのですね!すごい。
盛岡から車でも遠いなあと思う距離です。
お馬さん達も元気そうで何よりです。
陸前高田から今度はどうやって南下して行くのか?
楽しみにブログ読ませていただきます。

みっちー・ゆっきー・やまかわくん
Have a nice trip!
2014.09.29 Mon l はなみずき. URL l 編集
納得!
お手伝いお疲れさまでした。

小澤さんの言葉に大きく頷いて読みました。
この年になって私もそのようなことを多々経験するようになって、同じ思いをしてました。

主人も小澤さんのような人なんですよ(*^^*)

海沿いでの出会い。大切に。
2014.09.29 Mon l 南部のおばちゃん. URL l 編集
震災当時、各地で買占めが問題になったことを思い出しました…

人の行動は巡り巡って自分のところに返ってくる…忘れた頃に。
そう意識できる人が一人でも多くなればいいのにな…と思ってます。






2014.09.29 Mon l はな. URL l 編集
No title
情けは人の為ならず なのですね。


2014.09.29 Mon l beautiful horse. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/86-e94162bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。