上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
津山(TSUYAMA)→大郷(OSATO)→仙台(SENDAI)
yesterday 45km today 28km (total 816km)

こんばんは!

お待たせしました!東北大学までの道のりです!

海岸線の津波の被害が大きかった地域からいったんはずれ、宮城の山の中を歩いてきました
被災地レポートはまた改めて記事にします
この数日は、北海道新聞の記者の方と共に歩いたり、自転車で日本一周中の旅人(チャリダー)についてきてもらったり、北上町の五郎さんにサポートしてもらったり、

とても楽しく過ごせました。

この五郎さん、津波で奥さんとお母さんを亡くしました。
五郎さんご自身も津波に流されましたが、橋の柵につかまってなんとか生き延びたそうです。
それから、たった一人で暮らされていて、
本当にどれだけの思いで震災後を過ごしてこられたか、計り知れません。
震災前、お孫さんにと、大きな鯉のぼりを買ったそうです。
しかし、大きすぎて庭に立てられず、家の裏の山にロープを張って、そこに鯉のぼりをなびかせていたそう。
奥さんやお母さんと眺めていたその鯉のぼり
震災後、二人のことを忘れないと、
もう一度鯉のぼりをなびかせました。

被災地にはたくさんのボランティアの方が駆けつけました。
その中で、子供の日が近づき、日本中から集めた鯉のぼりをこの北上町で立てたいというボランティアの方がいました。
しかし大きなものもたくさん集まって、上げる場所に困ってしまったそうです。
そこでどこかないかと探して、五郎さんのその山を知り、鯉のぼりを上げたそうです。
そうして、そのボランティアの方と出会い、鯉のぼりの後、その山にボランティアで来た人たちや、僕のような旅人が、自由に泊まれるような所を作ろうと、誓いの丘という名前で、今も少しずつ施設が作られていっています。
北上町は人口が3000人ほどの町でした。
そんな町で震災による死者、行方不明者数は265人。

家族を失い、家財を失い、命だけが残った五郎さん。
その生かされた命をどう使うか、震災後、避難所ですっと考えていたそうです。
そうして、ご家族をはじめ、津波で亡くなった方たちに、自分は元気にやってるよと伝えられるような場所を作ろうと考えたそうです。
そうして始めた、この誓いの丘の建設。鯉のぼりの縁があって、ボランティアの方たちも手伝いに来てくれているそうです。
僕は歩いていて、このボランティアの方と出会いました。そして五郎さんと出会いました。
人の縁、というものを、旅をしていてすごく感じます。
五郎さんは、本当に、元気に楽しく生きていて、僕の方が力をもらいました。
誓いの丘だよりというブログをされています。
http://asihara56.cocolog-nifty.com/blog2/
また必ず会いたいです。

さて、
道中はたくさん写真を撮ってもらえて、いつもみっちーとゆっきーしか写ってないですが、
今日のは僕もたくさん写っております!



この辺りは今とても稲穂が綺麗ですね

途中少し雨に振られたりもしましたが
無事仙台入り!!

伊達政宗!!
街を抜け

トンネルを抜け

山を登って、山を登って、また山を登って
無事東北大学乗馬部に到着しました!!

スポンサーサイト
2014.10.04 Sat l 日本縦断 @東北 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

No title
仙台・・・懐かしいなぁ。
遠い昔、転勤でほぼ10年間を仙台市で過ごしました。
当時の仙台は、ほど良く都会で、ほど良く田舎でした。

昨日まで、みっちーゆっきーも歩いて来た被災地の中には、
私が仙台時代に何度も行った場所もあります。
これから歩くところも、まだ震災の跡が残っているだろうと
思うと辛いですが、
山川さんと馬たちがこの旅でたくさんのいい出会いをして、
「癒し」を届けてくださっていることに感謝です。

明日から関東も東北も台風の影響がありそうですよ。
風雨の中を歩いたり、その中での野宿は人も馬たちも危険だと
思いますので、天気が回復するまで、どこかの乗馬クラブか牧場に
お世話になられるように願っています。
もし許されるなら、台風が過ぎるまでこのまま東北大に滞在
できればいいのですが・・・。先は長いです。
2014.10.04 Sat l 心配性のオバサン. URL l 編集
良かったー(^^)
楽しく進んでたんですね。

五郎さんの全てに頭が下がります(涙)
言葉がありません。
ただただ頭が下がります。。。

写真がいいねーー!!
三人衆の様子がよーくわかります!
米所の金色の絨毯は最高にきれいですよね♪
私も大好きです!
2014.10.04 Sat l 南部のおばちゃん. URL l 編集
No title
被災された方の話を今迄たくさん読ませてもらいましたが
胸に響きます。
考えさせられます。
2014.10.04 Sat l beautiful horse. URL l 編集
誓いの丘
ほんとに。一生懸命に生きるって、そういうことなんでしょうね。みんな使命を背負って、生きている。
胸に響きます。

山川君も大きな使命を背負って、もう4分の1が過ぎようとしてますね。すごいと思います!
2014.10.04 Sat l ゆきママ. URL l 編集
No title
2日の更新が、疲れている感じでしたので、
少し心配になっていました。
4日のブログを見て、ε-(´∀`*)ホッ
山川君、いい笑顔!!
安心しました(^_-)
2014.10.05 Sun l 髭庄農園. URL l 編集
ジーンときました
良い話を聞いてジーンときました。

東北大には私も行ったことあり懐かしい。
ヨット部繋がりですが、震災で全部流されて
大変な状況だったろうと思い心が打たれました。

これからも頑張ってくださいね〜
2014.10.05 Sun l たつお。. URL l 編集
No title
昨日、記事2つ載ってたんですね。今みつけました(^_^;)

ここ数日は、記者の方も一緒だったんですね!
心強かったところもあったでしょうね~。

五郎さんの話、ジーンときちゃいました。人と人の出会いって凄いですよね。
山川君も、これからの旅の中で色々な出会いがあると思うので、大切にしていって下さいね!

写真の山川君、なんとも爽やかな笑顔!会った時も、同じ爽やかな笑顔でした(^0^)
あたし、会った時、みっちーは撫でれたんだけど、ゆっきーに触れれなかったのが心残り…(T_T)

台風、明日が一番接近するみたいなので、くれぐれも無理はしないで下さいね。
2014.10.05 Sun l ふじい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/91-44403a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。