上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは!

昨日もブログ更新できずすみません…
ここ最近とても忙しく、しかし充実した日々となっています

この先の日程も、台風がまた来ているということで、色々と悩んだのですが、
中村神社さんのご厚意に完全に甘えてしまい、
まだ日数はあるのですが、しばらくこちらに滞在させていただくことにしました。
実際僕もかなり疲れてしまっていたので…

ということで、昨日今日とみっちーゆっきーは完全にオフ
僕は中村神社の馬に乗ったり、車で南相馬に行ったり、夜は焼肉や宴会でとても楽しませてもらっています!

南相馬は歩いて行くか悩んだのですが、原発近くはまだ車以外通れないので、
相馬から福島市の方に西に進むことにしました。
南相馬では、ブログのコメントで教えていただいた田中さんの所に泊めていただく予定でした。
馬を連れて行くことはできませんでしたが、
挨拶には行ってきました!

田中牧場さんは馬の牧場なのですが、もう四代目になるそう。
震災のときは40頭の馬がいました。
津波により浸水し、高さ1mほどまで来たそうです。
馬たちはどれだけの恐怖だったでしょうか
さいわい、全頭無事だったそうです
しかし、津波後、原発事故発生。
田中牧場は半径20km圏内。
田中さんは馬を残し、避難するしかありませんでした。
避難生活は3週間だったそうです。
3週間、エサも水もない状態。
やっと様子を見に来れるようになったとき、9頭の馬が、餓死していたそうです。

どうしようもなかったことはわかります。
人の安全が最優先で、馬や動物の命は二の次になってしまうことは、仕方のないことです。
それはわかるのですが、死んでしまった馬、生き残った馬も、どれだけ苦しい思いをしたでしょうか
考えると、やり場のない怒りというか、すごくやりきれない気持ちになります

ただ救われる話もあります
聞いた話でしかないので正しい情報かはわからないのですが
原発事故後、被曝したということで、危険区域内にいた馬、牛、豚などは安楽死されることになったそうですが、
たくさんの人の協力があったのでしょう
馬たちは迅速に全国に避難していて、安楽死することになったときにはもう行政が把握できないほど各地に散らばっていたり、
残っていた馬も、たくさんの人の努力があったのでしょう
警戒区域設定後も各地へ搬送されたり、区域内でも、国の重要文化財である相馬野馬追に参加するためならばと、安楽死はせず、残されることになったそうです
結果、この原発事故による馬の安楽死は0。
生き残った馬たちには、この被曝したことを示す印をつけられ

区域内から出さないという条件で、今は元気に暮らしています。
ただ、市と農水省に届け出を出して、ちゃんと体からも馬糞からも放射能が検出されなければ、移動することができるそうです。
(脇坂さん、訂正ありがとうございます)

野馬追にたくさん参加しているそうです
野馬追についてはまた記事にしますが
来年もし野馬追を見に来たら、ぜひこの印にも注目してみてください!

みっちーとゆっきーは、神社の入り口の馬場に日中は放牧しています!


まるで神社の神聖な馬のよう笑
一応予定では14日までの長期滞在です
もし近くの方は遊びに来てください!
スポンサーサイト
2014.10.11 Sat l 日本縦断 @東北 l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

被災の馬たちと野馬追
相馬地方で被災した馬と人については多くの記事や写真集や映画にもなりました。楽しい出会いばかりではなかったことでしょう。でも野馬追は素晴らしいです。今年は450騎が参加。できたら(来年でも)是非見に来て!
台風を避け、充分に休養してくださいね。台風ではないけれど、お三方がこの先関東地方へはどのように接近するのか、地図とにらめっこしています(*^-^*)
2014.10.12 Sun l よしだくみこ. URL l 編集
台風
2週続けて台風にあってしまいますが、馬達は絶好の休養日、英気を養って次の旅に備えてください。
2014.10.12 Sun l プチロー. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.12 Sun l . l 編集
No title
台風が過ぎるまで中村神社さんに滞在するとのこと、
安心しました。次の旅に備えて英気を養ってください。

震災当時、馬を残して避難せざるを得なかった方々のご苦労、
全国に避難した馬たちのこと、避難できずに命を落とした動物のこと、
被爆した馬の焼印のこと・・・
今でも心が痛みます。

全国を転々と移動しながら避難していた被災馬の中には、
やっと見つかった安住の場所で、日に日に穏やかなお顔になり
今は元気に暮らしている、そんな姿を見ると本当に嬉しくなります。
2014.10.12 Sun l 心配性のオバサン. URL l 編集
No title
こんにちは、どうやら2週続けての台風襲来の気配、どうされているかと案じておりましたがとりあえず安心いたしました。しかし昨日のブログを拝読させていただき、震災により改めて人間はもちろんのこと、どれだけの動物が犠牲になりまた今なお大変な思いをしていることを痛感しました。動物はおしゃべりすることができないからそれを思うとどんなに恐ろしかったかと胸が張りさけそうになります。のんびりといしている2頭をみたらほほえましくなりました。皆様どうか14日までしばしの休息を。
2014.10.12 Sun l 美登里ママ. URL l 編集
遊びにいきたーい!
みっちーとゆっきーが山川くんを見てる写真が
メチャ愛らしいわ(#^.^#)

馬たちの話、涙が止まりません。
馬だけじゃなく、どれだけの動物たちが犠牲になったことか…
苦しさも辛さも言葉には出来ない動物たちを思うと胸が張り裂けそうです。

ゆっくり休んでください!
道のりは長いですから。
2014.10.12 Sun l 南部のおばちゃん. URL l 編集
No title
ゆっくり休養して元気をチャージしてください。

震災はの被害ははかり知れないですね。
2014.10.12 Sun l beautiful horse. URL l 編集
河北新報に載りました。
山川くん、みっちー&ゆっきー、こんにちは*\(^o^)/*
先日は、楽しい時間をありがとうございました。
お知らせです。
「北大生、道産子と日本縦断」10/13の河北新報、朝刊に載りました。
宮城県の皆さん、見てくださいね!
山川くん、みっちー、ゆっきー、これからも頑張ってくださいね。

2014.10.13 Mon l jonkurumi. URL l 編集
相馬野馬追
来年の7月最終週
南相馬でお会いできることを楽しみにしております。
2014.10.14 Tue l 山夏. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://horsejourney.blog.fc2.com/tb.php/98-c23432fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。